LGBTの方のための遺言書・任意後見他支援 【大阪・豊中・吹田 行政書士あけぼの法務事務所】

LGBTの方の為の遺言書作成等支援・任意後見契約

 

 

 LGBTの方のための

◆ 遺言書作成支援 ◆

財産委託契約任意後見契約

 

現在の日本の法律では直接相続の対象とならない同性間のパートナーに、相続と同様に財産を残すための法的保護を行う手続(専用の遺言書作成、執行手続)を行います。
 
また、パートナーが入院した時や何か自力で動けないような状況に陥った時、血族の家族と同じように面会、看護等が行えるようにする財産委託契約や、任意後見契約を行う手続にも対応いたします。

 

 

Q&Aはこちら

 

 

 

 

 

<概要>

 

【当所の特徴】 LGBTについての専門研修を受講している専門担当者にて、将来を熟慮したアドバイスをご提供いたします。その上で、専用の財産委託契約、遺言書作成、任意後見契約等、最適な手続を当所にて対応致します。本名ではなくニックネームでのご相談でも全く問題ございません(公的書類の作成には正式な氏名住所を記載する必要があります)。 法律に基づく公的機関からの請求を除き、ご相談を受けた内容について外部に出すことは一切ございません。

 

 

 

【手続当所手数料】
 ・同性パートナーのための遺言書作成、任意後見などのご相談 : 1時間あたり5,000円
    ※30分未満の一般的な法律相談の場合は相談費用は頂いておりません。
 ・遺言書作成(自筆/秘密/公正証書) : 50,000円〜
    ※公正証書遺言は別途公証役場における手続手数料(約4万円〜)及びその他実費が追加で必要になります。
 ・証人立会い(公証人による読み合わせ立ち会い) : 25,000円/名
 ・財産委託契約書、任意後見契約書作成、遺言執行、信託契約手続等 : 業務内容によって大きく変動しますので、面談時に見積額をご提示いたします。

 

 

【ご依頼の流れ】 こちらの方法(お電話又は問合せフォームより)にてご連絡下さい。その際、『LGBTのパートナーとの相続について相談したい』とお伝え頂ければ、専門担当者に早く繋がります。また、お電話頂いた方の御名前を伺いますが、本名でなくニックネームをお伝え頂いても大丈夫です。現在のご状況、周辺の環境等を確認し最適なご提案をするため、面談のご予約をお願いさせて頂きます。専門の担当者にて親身なヒアリングをさせて頂くとともに、併せて手続費用のお見積を提示させて頂きます。正式な受任後、必要な手続を速やかに開始させて頂きます。

 

Q&Aはこちら

 

 

 

大阪市・豊中市・吹田市拠点 行政書士あけぼの法務事務所


ホーム RSS購読 サイトマップ
事務所紹介 無料相談 料金・Q&A 各種営業許可 会社設立 ドローン農薬ヘリ 遺言書/相続 知的資産経営